Dr.ギャング 登場人物の結末 【メニューへ


ドラマの感想等は→[ブログ記事]

※結末は、最終回時のものです。(多少の勘違いは許して下さい)
※キャストをクリックすると出演ドラマがわかります
※画像をクリックするとプロフィールを表示します(一部キャストを除く)
キャスト役名(役柄等)
結末(関与した人物や組織等)
ヤン・ドングン
ヤン・ドングン
カン・ダルゴ(ニセ医者、ヤクザ)
ユナとラブラブ、ヤクザから足を洗う
ジャンシクとの最終決着を制し逮捕に協力
近所の高校生から水番長の称号を得る
ハン・ガイン
ハン・ガイン
キム・ユナ(女医)
ダルゴとラブラブ
イ・ジョンヒョク
イ・ジョンヒョク
ソク検事(ソク・ヒジョン)(検事)
一度だけ抱きしめてもらってユナをあきらめる
キム刑事殺害事件の担当になるが検事辞職
パク・シウン
パク・シウン
イ・ヘヨン(ユナの義姉)
夫キム刑事に先立たれるがユンスを出産
ト・ドンシクといい感じ
オ・グァンノク
オ・グァンノク
ポン・ウンタク(ポン医院の院長、産婦人科医)
マリとラブラブへ
チョ・ミリョン
チョ・ミリョン
ソ・マリ(ポン医院の看護師)
ウンタクとラブラブへ
キム・ヘオク
キム・ヘオク
ヨンジ(ダルゴの母)
すいとん屋が大当たり
ハ・ソクジン
ハ・ソクジン
キム・ジンギュ(ユナの弟)
スネとラブラブ、ダルゴを認める
キム・ジョンテ
キム・ジョンテ
チョ・ジャンシク(スリー)(ダルゴの組織のナンバースリー)
キム刑事殺人罪で逮捕、ダルゴを殺そうとするが失敗
キム・ハクチョル
キム・ハクチョル
ソン・グァンホ(ダルゴの組織のボス)
キム刑事殺人罪で逮捕されるが無実で釈放
キム・スギョム
キム・スギョム
パク・スネ(ジンギュの同僚、ジャンシクの元恋人)
ジンギュとラブラブ
キム・ハギュン
キム・ハギュン
ファン検事(ファン・ギュジョン)(マリの交際相手)
マリとは終わり?
ソク検事からキム刑事殺害事件を引き継ぐ
チェ・ジェウォン
チェ・ジェウォン
キム刑事(キム・スヒョン)(ユナの兄、ヘヨンの夫、刑事)
抗争事件捜査中、ジャンシクに殺害される
チョン・ギョウン
チョン・ギョウン
ペ刑事(ペ・ギョンス)(キム刑事の相棒)
-
ユ・テソン
ユ・テソン
イ・テクス(ダルゴの組織の構成員)
-
ウォン・テヒ
ウォン・テヒ
ボンス(ダルゴの友人、詐欺師)
-

ユンス(ヘヨンの息子)
-
チャ・ギファン
チャ・ギファン
チョ捜査官(ソク検事の部下)
-
イ・ジョング
イ・ジョング
ユナの恩師、ユナが辞めたの病院の医師
-
チョン・ヨングム
チョン・ヨングム
ユナ常連の屋台の店主
-
ソン・ヨンスン
ソン・ヨンスン
ダルゴの近所のおばあさん
-
チェ・ボモ
チェ・ボモ
ギルス(ポン院長の知り合いのホームレス)
-
ピョ・チョルファン
ピョ・チョルファン
ユニが担当する麻薬中毒患者
-
ソン・ソングン
ソン・ソングン
ユナがクビなった病院の科長
-
チュ・プジン
チュ・プジン
ポン医院の近所のおばあさん
-
イ・ドリョン
イ・ドリョン
コ社長(ポン医院の建物の所有者)
-
ウォン・ジョンネ
ウォン・ジョンネ
コ社長の妻
-

ハンナ(コ社長の娘、ボンスの恋人)
-
パク・チョンウ
パク・チョンウ
ジャンシクと反目するヤクザ
-
イ・ジョンソン
イ・ジョンソン
ソン・グァンホの取調官
-
コン・ジェウォン
コン・ジェウォン
ユナが講座を開く福祉会館の職員
-
キム・ホンス
キム・ホンス
ダルゴが時計を買った市場の時計屋
-
キム・グァンイン
キム・グァンイン
ダルゴが入った楽器店の店員
-
キム・ドンス
キム・ドンス
ダルゴを監視する男
-
ピョン・シノ
ピョン・シノ
ポン医院の患者
-
キム・チョルギ
キム・チョルギ
ト・ジンシク(ソン・グァンホの弁護士、ソク検事の同期)
ヘヨンといい感じ

ト・スジン(ト・ジンシクの娘)
ヘヨンに懐く
ホン・スンボム
ホン・スンボム
ダルゴの担当医
-
パク・ミスク
パク・ミスク
ダルゴの担当看護師
-
パン・ヤソン
パン・ヤソン
ダルゴ拉致の通報を受けた警察官
-

関連サイト:
ゴルちゃんの韓国ドラマナビBLOG(韓国エンタメ全般)
韓国ドラマ登場人物ブログ(韓国ドラマ情報)
韓国ドラマ俳優データブログ(韓国俳優情報)