龍の涙 登場人物の結末 【メニューへ


ドラマの感想等は→[ブログ記事]

※結末は、最終回時のものです。(多少の勘違いは許して下さい)
※キャストをクリックすると出演ドラマがわかります
※画像をクリックするとプロフィールを表示します(一部キャストを除く)
キャスト役名(役柄等)
結末(関与した人物や組織等)
キム・ムセン
キム・ムセン
太祖(テジョ)、イ・ソンゲ(朝鮮王朝初代王)
病死
テ・ミニョン
テ・ミニョン
定宗(チョンジョン)、イ・バングァ、永安大君(朝鮮王朝第2代王、太祖の次男)
病死
ユ・ドングン
ユ・ドングン
太宗(テジョン)、イ・バンウォン、靖安大君(朝鮮王朝第3代王、太祖の五男)
病死
アン・ジェモ
アン・ジェモ
世宗(セジョン)、イ・ド、忠寧大君(朝鮮王朝第4代王、太宗の三男)
第4代王
ハン・ヨンスク
ハン・ヨンスク
神懿(シンウィ)王后ハン氏(イ・ソンゲの郷妻、定宗と太宗の母)
病死
キム・ヨンラン
キム・ヨンラン
神徳(シンドク)王后カン氏(太祖の妃)
病死
パク・ユンソン
パク・ユンソン
定安(チョンアン)王后キム氏(定宗の妃)
病死
チェ・ミョンギル
チェ・ミョンギル
元敬(ウォンギョン)王后ミン氏(太宗の妃、世宗の母)
病死
ト・ジウォン
ト・ジウォン
昭憲(ソホン)王后シム氏(世宗の妃)
-
イム・ジョンハ
イム・ジョンハ
鎭安(チアン)大君、イ・バンウ(太祖の長男、母は神懿王后)
世捨て人となり消息不明
チェ・ドンジュン
チェ・ドンジュン
益安(イガン)大君、イ・バンイ(太祖の三男、母は神懿王后)
病死
キム・ジュヨン
キム・ジュヨン
懷安(ヒアン)大君、イ・バンガン(太祖の四男、母は神懿王后)
第2次王子の乱でバンウォンに破れ流刑
チョン・テウ
チョン・テウ
撫安(ムアン)大君、イ・パンボン(太祖の七男、母は神徳王后)
第1次王子の乱でバンガンに殺害される

宜安(ウィアン)大君、イ・バンソク(太祖の八男、母は神徳王后、世子)
第1次王子の乱でバンウォンに殺害される

ギョンスン(太祖の三女、母は神徳王后)
出家する
イ・ミヌ
イ・ミヌ
讓寧(ヤンニョン)大君、イ・ジェ(太宗の長男)
廃世子
チャン・ソンウォン
チャン・ソンウォン
孝寧(ヒョリョン)大君、イ・ボ(太宗の次男)
仏門に入る
ホ・ジョンミン
ホ・ジョンミン
誠寧(ソンニョン)大君、イ・チョン(太宗の四男)
病死

誠嬪(ソンビン)チ氏(定宗の側室)
宮殿を追われる?

徳泉(トクチョン)君(定宗と誠嬪チ氏の息子)
誠嬪チ氏と一緒?
キム・ヘリ
キム・ヘリ
孝嬪(ヒョビン)キム氏、トクシル(太宗の側室、元小間使い)
-
イ・ボヒ
イ・ボヒ
善嬪(ソンビン)アン氏(太宗の側室、イ・スクポンの知人の娘)
-
イ・グムジュ
イ・グムジュ
太宗の側室
-
イ・ジェウン
イ・ジェウン
ユ氏(宜安大君の最初の妻)
内官との不倫がバレて自害

シム氏(宜安大君の2番目の妻、シム・ヒョセンの娘)
第1次王子の乱でバンウォンに殺害される
イ・ギョンヨン
イ・ギョンヨン
イ・ジェ(ギョンスンの夫)
第1次王子の乱でバンウォンに殺害される
アン・ヨノン
アン・ヨノン
キム氏(讓寧大君の妻)
讓寧大君の廃世子に伴い廃世子妃
ウォン・ソギョン
ウォン・ソギョン
イ・ファ(義安君)(太祖の弟)
病死
キム・ギョンウン
キム・ギョンウン
イ・メンジョン(懷安大君の息子)
第2次王子の乱でバンウォンに破れ流刑
ソン・ジェホ
ソン・ジェホ
ミン・ジェ(元敬王后の父)
病死
シン・ドンフン
シン・ドンフン
ミン・ムグ(元敬王后の弟、ミン・ジェの長男)
謀反の罪でバンウォンに死刑にされる
ナ・ハニル
ナ・ハニル
ミン・ムジル(元敬王后の弟、ミン・ジェの次男)
謀反の罪でバンウォンに死刑にされる
キム・グァンヨン
キム・グァンヨン
ミン・ムヒュル(元敬王后の弟、ミン・ジェの三男)
謀反の罪でバンウォンに死刑にされる
チョ・インピョ
チョ・インピョ
ミン・ムフェ(元敬王后の弟、ミン・ジェの四男)
謀反の罪でバンウォンに死刑にされる

シム・オン(昭憲王后の父)
謀反の罪でバンウォンに死刑にされる

シム・ジョン(シム・オンの弟)
謀反の罪でバンウォンに死刑にされる
パク・ビョンホ
パク・ビョンホ
無学(ムハク)大師、チャチョ(太祖の心の師、6番目の咸興差使)
死亡
ナム・イル
ナム・イル
イ・セク(モグン)(高麗の遺臣)
死亡

チョン・モンジュ(高麗の遺臣)
バンウォンに殺害される
キム・フンギ
キム・フンギ
チョン・ドジョン(サンボン)(太祖の参謀)
バンウォンに殺害される
オム・ユシン
オム・ユシン
チェ氏(チョン・ドジョンの妻)
-
カン・インドク
カン・インドク
トゥン・ドゥラン(イ・ジラン)(太祖の弟分、女真族の元族長)
座禅中死亡
イム・ヒョク
イム・ヒョク
ハ・リュン(太宗の参謀、風水の大家)
病死
ソン・ドンヒョク
ソン・ドンヒョク
イ・スクポン(太宗の弟分)
謀反の濡れ衣でバンウォンに流刑にされる
ソン・ユナ
ソン・ユナ
チョン氏(イ・スクポンの妻)
-
チャン・ハンソン
チャン・ハンソン
チョ・ヨンム(太宗の側近)
病死
イ・ヨンフ
イ・ヨンフ
ナム・ウン(官僚)
-
キム・シウォン
キム・シウォン
ペ・グンニョム(官僚)
病死
パク・ウン
パク・ウン
ユン・ソジョン(官僚)
-
ムン・チャンギル
ムン・チャンギル
チョ・ジュン(官僚)
病死
ソン・ジョンボム
ソン・ジョンボム
チョ・マルセン(官僚)
-
イ・ドゥソプ
イ・ドゥソプ
官僚、都承旨
-

パク・ソンミョン(官僚、都承旨)
病死
キム・ヒョウォン
キム・ヒョウォン
ハ承旨(官僚、承旨)
-
パク・チンソン
パク・チンソン
ファン・ヒ(官僚、都承旨)
バンウォンに流刑にされるが世宗時代に復帰する
カン・ジェイル
カン・ジェイル
イ・ゴイ(官僚)
バンウォンに流刑にされる
チョン・ヒョンギ
チョン・ヒョンギ
イ・ジョ(官僚、イ・ゴイの息子)
バンウォンに流刑にされる
イム・ビョンギ
イム・ビョンギ
パク・ウン(官僚)
-
キム・ギボク
キム・ギボク
マ・チョンモク(官僚)
-

パク・スン(官僚、4番目の咸興差使)
チョ・サイに殺害される
キム・ハギュン
キム・ハギュン
パク・ソセン(官僚)
-
シン・グィシク
シン・グィシク
ユ・ジョンヒョン(官僚)
-

パク・ポ(官僚)
バンウォンに死刑にされる
ハン・ジョングク
ハン・ジョングク
イ・ム(官僚)
-
クォン・オヒョン
クォン・オヒョン
チョ・オン(官僚)
-
キム・オクマン
キム・オクマン
イ・チョヌ(官僚)
-
ソ・ハク
ソ・ハク
シム・ヒョセン(官僚、宜安大君の妻シム氏の父)
-
キム・ユニョン
キム・ユニョン
ユ・マンス(官僚)
-
パク・コンシク
パク・コンシク
パク・ウィ(官僚)
-
ホ・ヒョノ
ホ・ヒョノ
チョン・チョン(官僚)
-

ソン・ソンニン(官僚、5番目の咸興差使)
-
イ・シンジェ
イ・シンジェ
ソル・ジャンス(官僚)
-
イ・ジョンウン
イ・ジョンウン
クォン・グン(官僚、太宗の姻戚)
病死
アン・デヨン
アン・デヨン
チョ・バク(官僚、太宗の義姉の夫)
バンウォンに流刑にされる
イ・ウソク
イ・ウソク
イ・ジク(官僚)
バンウォンに流刑にされる
キム・ジョンギョル
キム・ジョンギョル
ピョン・ゲリャン(官僚)
-

キム・ハルロ(官僚、讓寧大君の妻キム氏の父)
バンウォンに流刑にされる
キム・ギソプ
キム・ギソプ
キム・ヨジ(官僚)
-

チョン・インジ(官僚)
-
パク・チルヨン
パク・チルヨン
カン・サンイン(官僚)
謀反の濡れ衣でバンウォンに死刑にされる
キム・ギョンハ
キム・ギョンハ
パク・スプ(官僚)
バンウォンに捕らえられ獄中死

チェ・ユンドク(官僚)
-

イ・ジョンム(官僚)
-

チョ・サイ(官僚、神徳王后のいとこの息子、反太宗派)
チョ・サイの乱に失敗しバンウォンに死刑にされる

カン・ヒョン(神徳王后の甥、チョ・サイの仲間)
チョ・サイの乱に失敗しバンウォンに死刑にされる
イ・ソンヨン
イ・ソンヨン
パク・クァン(チョ・サイの仲間)
チョ・サイの乱に失敗しバンウォンに死刑にされる

ファン・サラン(チョ・サイの仲間)
チョ・サイの乱で戦死する
ペク・チャンギ
ペク・チャンギ
パク・トゥオン(チョ・サイの仲間)
チョ・サイの乱に失敗しバンウォンに死刑にされる
イ・ウォニョン
イ・ウォニョン
チョ・サイの仲間
チョ・サイの乱に失敗しバンウォンに死刑にされる
キ・ジョンス
キ・ジョンス
ピョン・ナムニョン(反太宗派、ハ・リュンの親戚)
バンウォンに死刑にされる

ピョン・ホン(ピョン・ナムニョンの息子)
バンウォンに死刑にされる

パク・マン(永興府尹)
-
チョン・ヒョン
チョン・ヒョン
パク・マンの副将
-
ソン・ホギュン
ソン・ホギュン
イ・ジョンム(対馬討伐の将軍)
-

イ・マン(内官、宜安大君の妻ユ氏と不倫)
ユ氏との不倫がバレてチョ・ヨンムに殺害される
イ・ジョンマン
イ・ジョンマン
ホン内官(内官)
-
コ・ヒジュン
コ・ヒジュン
イ・フェン(内官、2番目の咸興差使)
咸興差使としてイ・ソンゲに殺害される
ソン・ヨンチュン
ソン・ヨンチュン
ノ・ブン(内官)
-
キム・ドンワン
キム・ドンワン
大殿内官
-

ユ内官(内官、最初の咸興差使)
咸興差使としてイ・ソンゲに殺害される

チェ内官(内官、讓寧大君の監視役)
-
イ・ジョンソン
イ・ジョンソン
内官
-
ソ・ヨンエ
ソ・ヨンエ
ヨム尚宮(女官長)
-

チョ尚宮(ポリソプ)(元敬王后付きの尚宮、元小間使い)
-

キム尚宮(クムニョ)(神徳王后付きの尚宮、元敬王后のスパイ)
-

チェ尚宮(神徳王后氏付きの尚宮)
-

ホ尚宮(善嬪アン氏付きの尚宮)
-

パク尚宮(誠嬪チ氏付きの尚宮)
-
キム・ウルドン
キム・ウルドン
キム尚宮(元敬王后付きの尚宮)
-

カン尚宮(元敬王后付きの尚宮)
-

シン尚宮(太宗付きの尚宮)
-

シン女官(チョンシル)(元敬王后付きの女官、元小間使い)
-
ハ・ジウォン
ハ・ジウォン
ノ内人(太宗と一夜を過ごした女官)
-
チェ・ジョンウォン
チェ・ジョンウォン
アン尚宮(チョ・ヨンムと関係をもった大殿尚宮)
-
キム・ボミ
キム・ボミ
昭憲王后付きの尚宮
-
チャン・スングク
チャン・スングク
ユ・イ(イ・スクポンの副将)
-
オ・ジヨン
オ・ジヨン
靖安大君の使用人
-
シン・ウォンギュン
シン・ウォンギュン
懷安大君の部下
-
パク・ユスン
パク・ユスン
ミン・ジェの使用人
-

ハン氏(ミン・ミジルの妻)
-

ソン・リュ(3番目の咸興差使)
咸興差使としてイ・ソンゲに殺害される

チャン・ウォンシム(イ・フェンの遺体を運んだ高僧)
-
イ・デロ
イ・デロ
イ・レ(讓寧大君の師)
-
アン・ビョンギョン
アン・ビョンギョン
イ・オバン(讓寧大君の遊びの師匠、楽士)
讓寧大君を堕落させた罪でバンウォンに死刑にされる

ク・ジョンス(イ・オバンの仲間、役人)
讓寧大君を堕落させた罪でバンウォンに死刑にされる
ナ・ギョンミ
ナ・ギョンミ
ポン・ジリョン(讓寧大君が寵愛する妓生)
讓寧大君と引き離され自害する
ユニ
ユニ
オリ(讓寧大君が寵愛する妓生)
-

ポエン(妓生、オリの友人)
-

クァク・ソン(オリを側室にしていた高官)
-
アン・ホンジン
アン・ホンジン
クァク・ソンの息子
-

イ・ジソン(ハ・リュンの甥)
バンウォンに死刑にされる
イ・ウォンジョン
イ・ウォンジョン
女真族族長
ならず者の頭
-
イ・ハヌィ
イ・ハヌィ
義禁府の武官
-

チェ・ゲウォン(広州牧使)
-
イ・ウォンジョン
イ・ウォンジョン
讓寧大君一行が立ち寄った屋敷の主人
-
キム・ヨンホン
キム・ヨンホン
集賢殿学士
-
カン・マニ
カン・マニ
永楽帝(燕王)(明の第3代皇帝)
-
パク・サンチョ
パク・サンチョ
ファン内官(明の使臣)
-
ソ・ドンス
ソ・ドンス
明の使臣
-

ウ王(高麗時代第32代王)
イ・ソンゲに死刑にされる

アン大妃(ウ王の母、コンミン王妃)
-

ヨン妃(ウ王の妃)
-
ソフ
ソフ
昌(チャン)太子(高麗時代第33代王、ウ王の息子)
イ・ソンゲに死刑にされる
キム・ヨンソン
キム・ヨンソン
恭譲(コンヤン)王、定昌君(高麗時代第34代王、ウ王の遠戚)
イ・ソンゲに死刑にされる
キム・ソンオク
キム・ソンオク
チェ侍中(チェ・ヨン)(高麗の実質権力者、ヨン妃の父)
イ・ソンゲに死刑にされる

キム・ジョ(チェ・ヨンの甥)
イ・ソンゲに捕らえられ獄中死
パク・チョングァン
パク・チョングァン
チョ・ミンス(チョ統使、高麗左軍の都統使)
-

カン・ユンソン(神徳王后カン氏の亡父)
既に死亡

関連サイト:
ゴルちゃんの韓国ドラマナビBLOG(韓国エンタメ全般)
韓国ドラマ登場人物ブログ(韓国ドラマ情報)
韓国ドラマ俳優データブログ(韓国俳優情報)


広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー