赤道の男 登場人物の結末 【メニューへ


ドラマの感想等は→[ブログ記事]

※結末は、最終回時のものです。(多少の勘違いは許して下さい)
※キャストをクリックすると出演ドラマがわかります
※画像をクリックするとプロフィールを表示します(一部キャストを除く)
キャスト役名(役柄等)
結末(関与した人物や組織等)
オム・テウン
オム・テウン
キム・ソヌ(デイビット・キム)(ロイヤルツリー投資信託社長)
仕事先の赤道近くの村でジウォンと再会しラブラブ
ジャンイル親子とチン会長の罪を暴く
チン会長とキム・ウネの息子
少年時代ジャンイルに殴られ海に落とされ失明→回復
イ・ボヨン
イ・ボヨン
ハン・ジウォン(ヘミングさん)(ソヌの元恋人、ホテルの宴会担当マネージャー)
赤道近くの村へソヌに会いに行きラブラブ
父の会社を奪ったチン会長を恨む
失明していた時のソヌに出会い愛を育むが一旦別れる
イ・ジュニョク
イ・ジュニョク
イ・ジャンイル(ソヌの友人、ソウル地検検事)
少年時代ソヌを殴った現場の崖から身を投げて自殺
自分と父親の罪を隠そうとするがソヌに暴かれる
少年時代、父の罪の発覚を恐れソヌを殺そうとする
イム・ジョンウン
イム・ジョンウン
チェ・スミ(ソヌの友人、画家)
ジャンイルを愛するが成就せず
ジャンイルがソヌを殴る現場を目撃するが隠す(絵にして残す)
キム・ヨンチョル
キム・ヨンチョル
チン会長(チン・ノシク)(チンスングループ会長)
横領、株価操作等の罪で逮捕され服役
ソヌが実の息子だったことを知る
チャ・ファヨン
チャ・ファヨン
マ・ヒジョン(チン会長の妻)
チン会長から離れる
キム・ヘウン
キム・ヘウン
パク・ユンジュ(マ・ヒジョンと前夫の間の娘)
チン会長から離れる
イ・スンヒョン
イ・スンヒョン
チャ室長(チン会長の秘書)
-
チョン・ホビン
チョン・ホビン
ムン・テジュ(ソヌの支援者、チン会長の元部下)
ソヌの亡母を愛していたためソヌを支援する
ソヌがチン会長の息子だと知っていた人物
チョ・ヒボン
チョ・ヒボン
ミスター・クン(ムン・テジュの仲間)
ソヌに協力する
パク・ヒョジュン
パク・ヒョジュン
クムジュル(ソヌの友人)
ソヌに協力する
イ・ウォンジョン
イ・ウォンジョン
イ・ヨンベ(ジャンイルの父、チン会長の元使用人)
首を吊り自殺(病院に運ばれるがしばらく後に死亡)
ソヌの養父ギョンピルを殺害し木に吊るし自殺に見せかける
チン会長からギョンピルの遺体の始末を依頼されるが、まだ生きていた
イ・ジェヨン
イ・ジェヨン
チェ・グァンチュン(スミの父、祈祷師)
口封じのためヨンベに殴られるが回復
ヨンベがギョンピルを殺害する現場を目撃
カン・ジソプ
カン・ジソプ
シン・ジュノ(ジャンイルの同僚検事)
ソヌやソヌの養父の事件の再捜査を担当する
パク・ジンス
パク・ジンス
シン・ジョンミン(ジャンイルの後輩検事、刑事部)
-
オ・ヨン
オ・ヨン
ジャンイルの部下、検察捜査官
-
チャン・ジュナク
チャン・ジュナク
ファン・ペクグ(ジャンイルの部下、検察捜査官)
-
イ・ダリョン
イ・ダリョン
ソヌとジャンイルの高校時代の担任教師
-
イ・ジュソク
イ・ジュソク
ハン・ジェホ(ジウォンの父、プギョン化学社長)
死亡、チン会長に騙され会社を奪われる
キム・ジェフム
キム・ジェフム
釜山の薬局の薬剤師
-
イ・ジョンソン
イ・ジョンソン
ソヌの主治医
-
キム・ソヌン
キム・ソヌン
チン会長を取材する記者
-
イ・イルソプ
イ・イルソプ
チン会長の知人
-
パク・チンソン
パク・チンソン
過去にムン・テジュを逮捕した刑事
-
チェ・ミングム
チェ・ミングム
ヨンベ常連の食堂の店主
-
キム・エラン
キム・エラン
ジウォンがボランティアする福祉館の職員
-
キム・ミンチェ
キム・ミンチェ
ソヌに指圧の依頼を伝えた福祉館の職員
-

ソユン(ジウォンの友人)
-
オ・ユノン
オ・ユノン
ジウォンの上司、室長
-
チョン・ドンギュ
チョン・ドンギュ
ジャンイルの上司
-
ヒョン・スッキ
ヒョン・スッキ
水原の理髪店店主の妻
-
ハン・ドンファン
ハン・ドンファン
チン会長の会社の臨時株主総会の進行役
-
キム・グァンイン
キム・グァンイン
ソヌの担当医
-
イ・デヨン
イ・デヨン
キム・ギョンピル(ソヌの亡くなった養父、チン会長の後輩)
ヨンベに殺害され木に吊るされる
チン会長ともみ合いぐったりするが、その時はまだ生きていた

キム・ウネ(ソヌの亡母、チン会長の婚約者)
既に死亡

関連サイト:
ゴルちゃんの韓国ドラマナビBLOG(韓国エンタメ全般)
韓国ドラマ登場人物ブログ(韓国ドラマ情報)
韓国ドラマ俳優データブログ(韓国俳優情報)