愛の迷宮-トンネル- 登場人物の結末 【メニューへ


ドラマの感想等は→[ブログ記事]

※結末は、最終回時のものです。(多少の勘違いは許して下さい)
※キャストをクリックすると出演ドラマがわかります
※画像をクリックするとプロフィールを表示します(一部キャストを除く)
キャスト役名(役柄等)
結末(関与した人物や組織等)
チェ・ジニョク
チェ・ジニョク
パク・グァンホ(強力班刑事、1958年生)
1986年に戻りヨンスクと再会、赤ん坊のヨンホと対面
現代にタイムスリップし、連続殺人犯を逮捕する
ユン・ヒョンミン
ユン・ヒョンミン
キム・ソンジェ(強力班刑事)
グァンホと協力し連続殺人犯を逮捕する
ヨンホ(ジェイ)といい感じ
イ・ユヨン
イ・ユヨン
シン・ジェイ(大学心理学教授)
本名パク・ヨンホ、グァンホとヨンスクの娘
連続殺人犯の決定的証拠の万年筆を保管
チョ・ヒボン
チョ・ヒボン
チョン・ソンシク(強力1チーム長)
グァンホに協力、1986年ではグァンホの後輩
キム・ビョンチョル
キム・ビョンチョル
クァク・テヒ(強力1チーム刑事、葬儀屋の次男)
グァンホに協力
カン・ギヨン
カン・ギヨン
ソン・ミンハ(強力1チーム刑事)
グァンホに協力
イ・シア
イ・シア
シン・ヨンスク(1958年生グァンホの妻)
戻って来たグァンホと再会
グァンホのいない世界では交通事故死とされていた
キム・ミンサン
キム・ミンサン
モク・ジヌ(国科捜解剖検査医)
連続殺人犯、逮捕される
母親への愛情と憎しみの間で犯行に及ぶ
エン
エン
パク・グァンホ(強力班警長、1988年生)
ジヌに殺害される
ジヌが連続殺人犯とみて極秘捜査していた
ムン・スク
ムン・スク
ホン・ヘウォン(ジェイの大学の学長)
ジェイを支える
キム・ジョンハク
キム・ジョンハク
キム・ワン(ソンジェの父)
イ・ナニョンと再婚
ユ・ジス
ユ・ジス
イ・ナニョン(ソンジェの継母)
ソンジェを育てる
ホ・ソンテ
ホ・ソンテ
チョン・ホヨン(連続殺人犯)
拘置所内で首吊り自殺(ジヌに精神的に追い込まれる)
ジヌの模倣犯であり、殺人の目撃者
少年時代、犬殺しの罪でグァンホの取り調べを受ける
ヤン・ジュホ
ヤン・ジュホ
オ・ジフン(タクシー運転手)
-
パク・ミョンシン
パク・ミョンシン
イ・ソノク(男性連続殺人犯)
-
チョ・シネ
チョ・シネ
キム・ヨンジャ(キム・ジョンヘ)(殺人事件被害者、足首に5点の入墨)
キム・テスに殺害される
1986年の5番目の被害者、その時は未遂(ジヌの犯行)
チョン・イラン
チョン・イラン
イ・グムスン(1958年生グァンホが遺体の身元確認で訪ねた人)
-
キム・チュウォル
キム・チュウォル
キム・ヨンジャの勤務先モーテルの女主人
-
ソン・ヒョンミ
ソン・ヒョンミ
キム・ヨンジャ常連の食堂の店主
-
ソン・ヨンジェ
ソン・ヨンジェ
キム・テス(キム・ヨンジャに片想いする同郷の独身男)
キム・ヨンジャを殺害、逮捕される
リュ・テホ
リュ・テホ
チャン・ヨンチョル(キム・ヨンジャの元夫)
-
チェ・ミングム
チェ・ミングム
チャン・ヨンチョルの隣人
-
チェ・ウォノン
チェ・ウォノン
ユン・ドンウ(窃盗事件現場にいた少年)
ノ・ヨンジンに殺害される
窃盗の見張り役
チェ・ミョンビン
チェ・ミョンビン
ユン・スジョン(ユン・ドンウの妹)
兄の死のショックで入院→退院
タンスの中から兄の殺害現場を目撃
チョ・ヨンサン
チョ・ヨンサン
ユン・スジョンの担当医
-
チョン・ジェヒョン
チョン・ジェヒョン
ノ・ヨンジン(窃盗犯、警備会社セーフの元警備員)
ユン・ドンウを殺害、逮捕される
チョン・スンウォン
チョン・スンウォン
ビョンチョル(ノ・ヨンジンの仲間)
ノ・ヨンジンの共犯、殺害にも関与
パク・チンソン
パク・チンソン
アンナム署刑事
-
ウ・ヒョン
ウ・ヒョン
コ・マンソク(トラック運転手殺人事件容疑者、休憩所主人)
-
チョン・ジンギ
チョン・ジンギ
キム・インファン(トラック運転手殺人事件容疑者、国語教師)
犯人、息子がトラック運転手に殺された復讐
チン・ヨンウク
チン・ヨンウク
イ・テフィン(トラック運転手殺人事件容疑者、レッカー車運転手)
-
カンソン
カンソン
マ・ヨンギル(トラック運転手殺人事件容疑者、プロ野球選手)
-
イ・ドンジン
イ・ドンジン
ファン・ドギョン(トラック運転手殺人事件容疑者、企財部事務官)
-
チェ・ナム
チェ・ナム
トラック運転手殺人事件容疑者、女優
-
ホン・ブヒャン
ホン・ブヒャン
キム・インファンの亡妻
-
チョン・ハンビ
チョン・ハンビ
ユン・ヨンジュ(身分盗用事件被害者)
-

コ・アラ(身分盗用事件被害者)
自殺
キム・ミンギョン
キム・ミンギョン
コ・アラの母
-
チン・ミョンソン
チン・ミョンソン
コ・アラの恋人の母
-

チョ・ドンイク(ユン・ヨンジュの婚約者を名乗る男)
キム・ミスに殺害される
チェ・イクジュン
チェ・イクジュン
チョ・ドンイクの兄
-
イ・ソニョン
イ・ソニョン
エステ店社長
-
ソ・ウナ
ソ・ウナ
キム・ミス(身分盗用事件容疑者)
逮捕される
ユ・ギョム
ユ・ギョム
キム・ミスの元恋人
-
ナム・ジョンヒ
ナム・ジョンヒ
1988年生グァンホの故郷の近所のおばあさん
-
パク・スンテ
パク・スンテ
1988年生グァンホの故郷の近所のおばあさん
-
イ・スンウォン
イ・スンウォン
チン・ソンチョル(チン・ソンミの弟、カラオケ店店主)
-
ユン・ミヒャン
ユン・ミヒャン
放火事件の被害者、洋装店店主
-
パク・ソジョン
パク・ソジョン
スクジン(放火事件の通報者、洋装店店主)
-
アン・ヨンジュン
アン・ヨンジュン
キム・ヒジュン(スクジンの息子)
連続放火犯、逮捕される
チ・ソングン
チ・ソングン
放火事件があった商店街のおじさん
-
ホ・ソンヘン
ホ・ソンヘン
放火事件があった商店街のおじさん
-
シン・ヨンスク
シン・ヨンスク
ヨンスクが暮らしていた漢方医院のおばあさん
-
チェ・イルファ
チェ・イルファ
ユ・ソンジェ(ヨンスクを好きだった薬剤師)
ヨンスクにプロポーズしたが断られた

イ・ソヨン(連続殺人事件被害者)
チョン・ホヨンに殺害される
パク・ジョンハク
パク・ジョンハク
警察幹部
-
チョ・スンヨン
チョ・スンヨン
警察署課長
-
イム・ソンピョ
イム・ソンピョ
警察署長
-
ペク・ヒョンジュ
ペク・ヒョンジュ
チョン・ホヨンの妻の姉
-

ユン・ダヨン(連続殺人事件被害者)
ジヌに殺害される

ナム・ジュヒ(連続殺人事件被害者)
ジヌに殺害される
オク・ジュリ
オク・ジュリ
チョン・ホヨンの妹の隣人
-
イ・ヨンニョ
イ・ヨンニョ
ユ・オクヒ(チョン・ホヨンの母)
少年時代のチョン・ホヨンを精神病院に閉じ込める
アン・スホ
アン・スホ
オトリ捜査をするジェイに声をかけた運転手
-
パク・セミ
パク・セミ
ユン・ダヨンの友人
-
ホン・ソギョン
ホン・ソギョン
ソンシクが訪ねたインク工場の社員
-
ソン・ジェリョン
ソン・ジェリョン
キム・ギョンテ(スーパーの店主、洗礼名ノエル)
-
ソ・ウジン
ソ・ウジン
チョン・ジェヒョン(ヨンジュ署刑事)
グァンホの娘(ヨンホ)を捜索
チョ・ヒョンジン
チョ・ヒョンジン
ユン・ダヨンを解剖した国科捜の解剖医
何回首を絞めたかは犯人しかわからないと証言
ソン・ヨンスン
ソン・ヨンスン
少年時代のジヌを知るおばあさん
-

ソン・ボミ(連続殺人事件被害者)
ジヌに殺害される
キム・ジェチョル
キム・ジェチョル
ジヌがパンク修理を依頼した整備士
-

キム・ジヘ(ジヌの亡母)
-
キム・ジョンホ
キム・ジョンホ
キム・ジヘの担当医
-
イ・ヨンヒ
イ・ヨンヒ
イ・ジョンスクの母
-
パク・ヨンジン
パク・ヨンジン
キム・ギョンスンの父
-
ソ・ユナ
ソ・ユナ
1988年生グァンホの母
1958年生グァンホに出会い、息子にグァンホと名付ける
ナム・ムンチョル
ナム・ムンチョル
オ班長((1986年)強力班班長)
-
ホン・ギジュン
ホン・ギジュン
(1986年)強力班刑事
-
チョン・ソギョン
チョン・ソギョン
キム・ジョンド((1986年)保健所の医師)
-
クァク・ミンソク
クァク・ミンソク
(1986年)警察署長
-
ヤン・ジュホ
ヤン・ジュホ
オ記者((1986年)警察署に出入りする記者)
-

イ・ジョンスク((1986年)連続殺人事件1番目の被害者)
ジヌに殺害される

キム・ギョンスン((1986年)連続殺人事件2番目の被害者)
ジヌに殺害される
ハン・ヨウル
ハン・ヨウル
ファン・チュニ((1986年)連続殺人事件3番目の被害者、喫茶店店員)
ジヌに殺害される
オ・ユノン
オ・ユノン
チョン・マダム((1986年)ファン・チュニの喫茶店のマダム)
-
ソク・ボベ
ソク・ボベ
ソ・ヒス((1986年)連続殺人事件4番目の被害者、ソンジェの母)
ジヌに殺害される
イ・ジンモク
イ・ジンモク
(1986年)ソ・ヒスが乗ったバスの運転手
-

チン・ソンミ((1986年)連続殺人事件6番目の被害者)
ジヌに殺害される
コン・スミン
コン・スミン
(1986年)子犬をなくした姉妹(姉)
子犬はチョン・ホヨンに盗まれ殺害され埋められる
キム・ジアン
キム・ジアン
(1986年)子犬をなくした姉妹(妹)
-
ソ・ジョンハ
ソ・ジョンハ
(1986年)チョン・ホヨンの父
-

関連サイト:
ゴルちゃんの韓国ドラマナビBLOG(韓国エンタメ全般)
韓国ドラマ登場人物ブログ(韓国ドラマ情報)
韓国ドラマ俳優データブログ(韓国俳優情報)